診療科のご案内

形成外科

概要

“けが”や“やけど”の後の“ひきつれ”、ケロイドでは手術療法、薬物療法、放射線療法を組み合わせたオーダーメードの最先端治療を提供します。「服に隠れるから」と我慢していた手術後の“キズあと”もお気軽にご相談ください。悪性腫瘍の切除や外傷によって眼球を失った方への義眼床再建は、義眼装着の安定性と整容面を考慮した治療を行っています。乳がん切除後の乳房再建は、シリコンインプラント、自家組織のいずれにも対応しています。上まぶたを指で持ち上げるとすっきり軽く楽な感じがする方(図1)は、加齢性眼瞼下垂です。治療することで付随する症状(図2)も改善します。上まぶただけでなく下まぶたも加齢に伴い変化します。逆さまつ毛によって眼球が障害されることも少なくありません。身近な“けが”から様々な変形まで、ひろく形成外科疾患に対応しておりますので、ご不明な点などございましたらお尋ねください。

対象疾患

●キズあと●皮膚良性腫瘍(ほくろ、粉瘤、脂肪腫、血管腫など)●皮膚悪性腫瘍●再建(義眼床、乳がん切除後の乳房再建、陥没乳頭など)●加齢に伴う症状(眼瞼下垂など)