診療科のご案内

ホーム > 診療科のご案内 > 脳神経外科

  • 診療科のご紹介
  • 医師案内

脳神経外科

概要

当科は、神経系、すなわち脳・脊髄や末梢神経の病気に対し、主に手術などの外科的治療を行う診療科です。脳梗塞、頭痛、認知症など、通常は手術の対象とならない疾患も診察しています。また、神経系を覆っている頭蓋骨・脊椎などの病変も一部扱っています。

神経系の疾患は、生命が助かっても麻痺、言語障害など重い後遺症を残すことがしばしばあり、早期診断・早期治療が大切です。心配な症状があるときは、早めに受診してください。最近の脳神経外科治療は、従来の開頭手術のみならず、カテーテルを用いた血管内手術やガンマナイフ、サイバーナイフ等の定位放射線治療など、いくつかの選択肢があります。お一人おひとりの患者様に対し、最も適切な治療方針をご提供します。

対象疾患

脳血管障害(脳梗塞、脳出血、クモ膜下出血、脳動脈瘤、頸動脈狭窄症など)、脳腫瘍、頭部外傷、頭痛(片頭痛、緊張型頭痛)、認知症、顔面けいれん、三叉(さんさ)神経痛

頭痛専門外来

多くの頭痛は心配ないものですが、まれに脳腫瘍など命にかかわる疾患が隠れていることがあります。一度は脳神経外科で検査をお受けになることをおすすめします。

薬剤等による治療方針は、命にかかわらない頭痛でも原因によって異なります。

頭痛でお悩みの方は、ぜひ受診してください。

認知症専門外来

高齢化によって認知症の患者様が増加していますが、最近では認知症発症以前の軽度認知障害も、ある程度診断できるようになりました。

診断の基本となるのは、認知機能や空間認知脳のテストです。「長谷川式認知症スケール」などを使用し、必要に応じてMRIやPETなどで脳の画像診断を行います。MRIだけではむずかしい海馬萎縮の診断には、専門ソフトを使用し、海馬の定量的診断も行っています。これにより、認知症に移行する前の軽度認知障害の発見、早期対策につなげたいと考えています。

認知症には、慢性硬膜下血腫や正常圧水頭症など、脳外科的な処置で治せるものも知られています。当院では、薬物療法と並行してリハビリテーションも実施し、日常生活のサポートをしています。

認知症は、早期受診・早期治療が大切です。特別な病気ではないことを理解し、物忘れなどが心配な方は、お気軽にご来院ください。

PAGE TOP