診療科のご案内

消化器外科・一般外科

肛門

肛門には痔核、痔ろう、裂肛の3大疾患があります。(図1)
その他にも外科手術を行う疾患があり、いずれも消化器外科が診療を担当します。

痔核(内痔核)

いわゆる「いぼぢ」と言われる痔疾患です。以前は肛門の中のクッションのような役割である静脈叢のうっ血が原因とされていましたが、最近の研究では肛門の支持組織が脆弱化(もろく弱くなること)して、静脈叢が粘膜ごとイボ状に脱出する状態となると考えられています。排便時に痔核がこすられたり脱出するため、鮮血、疼痛、腫脹、掻痒感、粘液漏出などの症状が出現します。痔核が肛門の外まで脱出し肛門内に戻らなくなる状態を陥頓といいます。痔核の発症には排便習慣や生活習慣が関与するとされ、排便回数の減少やいきんだりすることが多いと発症しやすいと言われています。
治療は1回使い切りの軟膏外用薬が多いです。しかし、出血や疼痛のコントロールがうまくいかない、陥頓状態などは手術の対象となります。

外痔核

血栓性外痔核といい、肛門の外側にできます。外痔静脈叢という静脈の集まりにうっ血が生じ、急性に血栓(血の塊)ができたもので、突然、疼痛、出血、腫脹の症状として発症します。治療はまず軟膏での治療を開始しますが、疼痛や出血の制御ができなければ手術を行います。

痔ろう

痔ろうとは肛門の中の肛門陰窩というくぼみがあり、そこから細菌が入り込み肛門腺という場所で感染を起こし肛門括約筋に広がり瘻管という感染した組織の道ができてしまいます。痔ろうは発生する部位や走行によっては複雑なものになることもあります。
症状は疼痛、腫脹があり、膿のかたまりを形成すると肛門周囲膿瘍という発熱、発赤を伴う腫瘤を肛門のすぐそばに発症します。痔ろうの治療は小児痔ろうを除き、自然軽快することはなく、手術が基本です。痔ろうを永年放置すると痔ろう癌の発症リスクとなります。

裂肛

裂肛とは肛門上皮という肛門の出口付近の裂創です。いわゆる「きれぢ」です。硬い便や異物などにより裂けたものや細菌感染が原因となることもあります。症状は疼痛、出血が多いです。慢性裂肛になると肛門狭窄の原因になります。治療は内科的が基本ですが症状が制御できなければ手術を行います。

図1 肛門の解剖と疾患

その他

粘膜脱症候群

直腸の粘膜の一部もしくは全周性に粘膜が肛門の外に脱出する状態です。頑固な便秘が原因となっていることが多いです。治療は排便習慣の修正ですが、粘膜の脱出のために出血の制御不能などの場合は手術を行います。

直腸脱

直腸脱は粘膜脱症候群と違い、直腸壁の全層が肛門の外に飛び出す状態を言い、10~20cmほど直腸が粘膜を外側にして肛門から出てきます。原因は骨盤底の筋肉群や支持組織が弱くなり脱出すると考えられており、高齢の女性に多いです。直腸だけでなく子宮、膣も同時に脱出することも多くみられます。治療は手術が基本です。当院では腹腔鏡下手術での治療を第1選択としており、直腸を腹腔内に吊上げ固定する術式を行っています。