診療科のご案内

ホーム > 診療科のご案内 > 糖尿病・代謝・内分泌内科

  • 診療科のご紹介
  • 医師案内

糖尿病・代謝・内分泌内科

特徴ある医療

糖尿病・代謝・内分泌疾患 全般に関して最新の医療を医学的な根拠に基づいて行います。

 
概要
  • 糖尿病
    糖尿病が強く疑われる患者数は950万人に上り、その数は今後も増加の一途をたどることが危惧されている。急激な血糖上昇に伴い、「口渇・多飲・多尿・体重減少」といった症状が出現することがある一方、全く無症状で発症し、数年後に合併症を発症してから糖尿病との診断にいたる例が後を絶たない。合併症には網膜症、腎症、神経障害といった細い血管が障害され、それぞれ失明、透析、下肢切断にいたるものから、脳卒中、心筋梗塞といった直接死に至る疾病も含まれる。
    さらに最近では糖尿病により認知症やがんが増加することも明らかとなってきた。まさに全身病である。合併症を生じさせないためには、糖尿病を早期に発見し、個々の病態を把握し、個人個人のライフスタイルにあった治療法を選択し継続する必要がある。
    当院では食事・運動療法といった基本的な治療を第一に行い、管理栄養士、看護師、理学療法士とともに、最新の医学的な根拠に基づいた治療を実践している。
  • 脂質異常症、肥満症
    脂質異常症(高コレステロール血症、高中性脂肪血症)の患者数も200万人を超えている。一部の特殊な原発性高血症を除き、脂質異常症に伴う自覚症状はない。脂質異常症は動脈硬化症の発症や進展を促進し狭心症、心筋梗塞、脳卒中を引き起こす。若いときから脂質異常症を指摘され、狭心症や心筋梗塞を発症した家族がいる場合は、「家族性高コレステロール血症」の可能性が高い。家族性高コレステロール血症では男性は30歳以降、女性は50歳以降に心筋梗塞を発症する疾患であり、わが国では200~500人に一人と決して珍しい病気ではない。
    また内臓脂肪蓄積に伴う肥満は糖尿病、高血圧、脂質異常症、慢性腎臓病、変形性膝関節症といった様々な健康障害を引き起こす。
    当院では脂質異常症専門外来も設けており、診断と治療を行っている。またBMI 35 (体重 (kg) ÷身長(m)2 )の高度肥満症例は千葉大学医学部附属病院の肥満外来とも連携して治療にあたっている。
 
対象疾患

1型糖尿病、2型糖尿病、その他の糖尿病、脂質異常症(高コレステロール血症、高中性脂肪血症、低HDLコレステロール血症)、メタボリック症候群、動脈硬化症、痛風、内分泌疾患(甲状腺疾患、副腎疾患、二次性高血圧など)

 
症状

糖尿病:口渇・多飲・多尿・体重減少

糖尿病、脂質異常症、高血圧、肥満には内分泌疾患が隠れていることがあり(二次性)、鑑別診断を行うとともに、二次性の場合は千葉大学や近隣の病院とも連携をして治療を行う。

 
専門外来
  • 糖尿病専門外来のご案内
    <血糖値でお困りの方へ>
    ・健康診断で血糖値が高いと言われた方
    ・最近、体重が増えて血糖値が心配な方
    ・糖尿病の専門治療を受けたい方
    血糖値、糖尿病でお困りの方は、一度、糖尿病専門外来にご相談ください。
  • 脂質専門外来のご案内
    <コレステロールや中性脂肪でお困りの方へ>
    ・健康診断で高コレステロール血症、高中性中性脂肪血症を指摘された方
    ・親や兄弟もコレステロール、中性脂肪が高い方
    ・むしろ最近コレステロールや中性脂肪が急に低くなった方
    脂質(コレステロール、中性脂肪)でお困りの方は、一度、脂質専門外来にご相談ください。
 
検査内容のご案内

糖尿病・脂質代謝・内分泌一般

現在、月に一度の糖尿病教室を開催している。糖尿病教室では医師、看護師、管理栄養士、理学療法士、検査技師による、糖尿病に関する話や血糖測定を行う。10人以下の少人数のため、それぞれの職種に普段の診療時間内では聞けない糖尿病に関わる疑問に答える機会を用意している。
詳細はホームページをご参照されたい。

また、24時間血糖モニターも導入し、さらに極めの細かい血糖管理を目指している。

PAGE TOP