医師案内

ホーム > 医師案内 > 腎泌尿器外科

  • 診療内容
  • 医師案内

腎泌尿器外科

宮﨑 淳

(みやざき・じゅん)
Jun Miyazaki

腎泌尿器外科部長
国際医療福祉大学 医学部
腎泌尿器外科学主任教授
腎泌尿器外科(泌尿器悪性腫瘍全般、泌尿器感染症、男性不妊症)

筑波大学卒、医学博士
筑波大学腎泌尿器外科客員准教授
前筑波大学医学医療系腎泌尿器外科准教授、元筑波大学医学医療系講師、元筑波メディカルセンター病院泌尿器科科長
日本泌尿器科学会認定指導医・泌尿器科専門医、感染制御医(ICD)、日本がん治療認定医機構暫定教育医・がん治療認定医、日本泌尿器内視鏡学会泌尿器腹腔鏡技術認定医、日本内視鏡外科学会泌尿器腹腔鏡技術認定医、身体障害者福祉法第15条指定医(ぼうこう又は直腸機能障害)、茨城県指導医養成講習会修了、茨城県緩和ケア研修修了

泌尿器悪性腫瘍すべての診療にあたっている。前職の筑波大学で中心的に行ってきた尿路上皮がんと精巣腫瘍には、特に造詣が深い。筑波大学泌尿器科ではおよそ100例の膀胱温存療法を行い、約8割の患者様で実際に膀胱を温存することができ、そのうち約8割の方は5年生存が得られている。また、精巣腫瘍に対しては、リンパ節や肺、その他の臓器に転移していても抗がん剤を使った化学療法と手術を適切に組み合わせることにより、約9割の患者様で治癒が可能である。そのほか、尿路感染症、男性不妊症に関しても診療している。


松崎 敦

(まつざき・あつし)
Atsushi Matsuzaki

泌尿器科部長
国際医療福祉大学 病院教授
泌尿器科(泌尿器科全般)

自治医科大学卒、同大学院修了、医学博士
前自治医科大学さいたま医療センター泌尿器科講師
日本泌尿器科学会認定指導医・泌尿器科専門医、日本結核病学会認定医、日本外科学会認定医、日本化学療法学会認定医、日本感染症学会認定インフェクションコントロールドクター(ICD)、日本医師会認定産業医、身体障害者福祉法第15条指定医(ぼうこう又は直腸機能障害)

高齢化社会に伴い、多くの方が排尿に関する悩みを抱えている。また、住民検診におけるPSA採血の普及で、前立腺がんの患者様も増えてきている。新薬などにより治療の選択肢は増えたが、その一方でどれを希望するか悩むことも多い。このような患者様の不安をできるだけ軽減し、快適な生活を送れるよう、ご希望に沿った最適な治療をご提供し、丁寧な診察を心がけている。また、尿路結核および肺外結核の治療も行っているため、お気軽にご相談いただきたいと考えている。


小野澤 瑞樹

(おのざわ・みずき)
Mizuki Onozawa

腎泌尿器外科副部長
国際医療福祉大学 医学部准教授
腎泌尿器外科(泌尿器腫瘍、尿路結石治療全般、前立腺癌データベース研究等)

筑波大学卒、同大学院修了、医学博士
前東京北医療センター泌尿器科医長、元筑波大学医学医療系腎泌尿器外科講師、元国際医療福祉大学三田病院泌尿器科、元国際医療福祉大学病院腎泌尿器外科医長
日本泌尿器科学会認定指導医・泌尿器科専門医、日本がん治療認定医機構がん治療認定医、筑波大学臨床研修認定指導医、茨城県指導医養成講習会修了、難病指定医、緩和ケア研修修了

前立腺肥大症、前立腺がん、尿路結石症に代表されるような多くの泌尿器科の病気は、さまざまな方法により治療することができる。治療の方法を決めるうえで、患者様の自己決定権を最大限尊重することをモットーとしている。


依田 憲治

(よだ・けんじ)
Kenji Yoda

非常勤
泌尿器科

東京大学卒
三井記念病院泌尿器科
前青梅市立総合病院泌尿器科、元東京都保健医療公社荏原病院泌尿器科、元関東労災病院泌尿器科
日本泌尿器科学会認定指導医・泌尿器科専門医

泌尿器科全般の疾患を担当している。最新のガイドラインを踏まえた標準的治療をご提案しながら、患者様本位の医療を追求する。疾患について丁寧にご説明し、患者様の生活の質の向上を図れるよう尽力している。

PAGE TOP