医師案内

人工透析センター

吉田 雅博(よしだ・まさひろ)

Masahiro Yoshida

人工透析センター長
一般外科部長
国際医療福祉大学 医学部教授

一般外科(肝臓、胆のう、膵臓)、画像診断

富山医科薬科大学(現富山大学)卒、医学博士
帝京大学非常勤講師、産業医科大学非常勤講師
前帝京大学准教授、元千葉県がんセンター外科医長、元千葉大学医学部第二外科
日本外科学会認定指導医・外科専門医、日本消化器外科学会認定指導医、日本胆道学会認定指導医、日本消化器病学会認定消化器病専門医、日本がん治療認定医機構がん治療認定医、日本乳癌学会認定医、ICD制度協議会認定インフェクションコントロールドクター(ICD)

千葉大学、帝京大学で肝臓、胆のう、膵臓を専門に外科治療に携わった。あわせてガイドライン作成にも注力。胆・肝・膵炎などのガイドライン普及に努めてきた。人工透析センター長を兼任しており、透析患者様の診療にあたっては、患者様が納得されるまでご相談し、最も効果的な治療方法を検討する姿勢を貫いている。外科手術など、治療向上、療養環境改良にも力を入れている。

細谷 幸司(ほそや・こうじ)

Kozi Hosoya

腎臓内科副部長
国際医療福祉大学 医学部講師

腎臓内科(腎臓全般、腎炎、ネフローゼ症候群、血液透析、腹膜透析等、透析全般)

富山医科薬科大学卒
前東京都済生会中央病院、元慶應義塾大学病院
日本内科学会認定内科医、日本腎臓学会認定腎臓専門医、日本透析医学会認定透析専門医、日本抗加齢医学会専門医

腎臓内科専門医、透析専門医として、急性腎障害、慢性腎不全から血液透析、さらに腹膜透析まで、多数の症例にかかわってきた。地域の皆様の医療に、腎臓・透析疾患の治療を通して貢献していきたいと考えている。

高江 久仁(たかえ・ひさひと)

Hisahito Takae

非常勤

循環器外科

東京医科大学卒
前新潟医療センター心臓血管外科医長
日本外科学会認定外科専門医

1993年より心臓血管外科に携わり、主に血管外科の診療を行ってきた。腹部大動脈瘤、閉塞性動脈硬化症、下肢静脈瘤、ブラッドアクセスの外科手術や血管内治療を得意としている。ブラッドアクセスの外科手術や血管内治療を通して、透析管理を行っている。