医師案内

リハビリテーション科

角田 亘(かくだ・わたる)

Wataru Kakuda

副院長
リハビリテーション科部長
国際医療福祉大学 医学部
リハビリテーション医学主任教授

リハビリテーション科

東京慈恵会医科大学卒、医学博士
前国際医療福祉大学三田病院リハビリテーション科副部長、元東京慈恵会医科大学リハビリテーション医学講座准教授、元Stanford大学脳卒中センター客員研究員、元国立循環器病センター内科脳血管部門専門修練医・レジデント
日本リハビリテーション医学会認定指導医・リハビリテーション科専門医、日本神経学会認定指導医・神経内科専門医、日本脳卒中学会認定脳卒中専門医、日本内科学会認定内科医、日本抗加齢医学会認定抗加齢医学専門医、義肢装具等適合判定医、身体障害者福祉法第15条指定医、難病指定医

リハビリテーション科専門医として、さまざまな疾患・病態に対するリハビリテーション医療を行ってきた。特に、脳卒中やパーキンソン病などの神経疾患に対するリハビリテーションが専門である。最近では、経頭蓋磁気刺激(TMS)治療、ボツリヌス毒素治療に精力的に取り組んでいる。

稲田 晴生(いなだ・はるお)

Haruo Inada

リハビリテーション科(脳損傷後遺症の嚥下障害治療や痙縮に対するボツリヌス治療)

千葉大学卒、医学博士
元千葉県千葉リハビリテーションセンターリハビリテーション科部長、元農協共済中伊豆リハビリテーションセンターセンター長、元千葉県千葉リハビリテーションセンター脳神経外科部長、元東京都リハビリテーション病院リハビリテーション科医長、元東京慈恵会医科大学附属病院リハビリテーション科医長
日本リハビリテーション医学会認定指導医・リハビリテーション科専門医・臨床医、日本脳神経外科学会認定脳神経外科専門医、日本摂食嚥下リハビリテーション学会認定士、身体障害者福祉法第15条指定医、義肢装具等適合判定医、厚生労働省認定麻酔科標榜医、ボツリヌス療法施注資格

千葉大学卒業後、脳神経外科診療に携わる。地域医療を実践する中で、リハビリテーション医療の重要性を痛感し、リハビリテーション医学全般の研鑚に努めてきた。これまで培った経験と知識を生かし、当院でのリハビリテーション医療に貢献できるよう努めている。

濱田 万弓(はまだ・まゆみ)

Mayumi Hamada

非常勤

リハビリテーション科(骨関節疾患、義肢装具、障害者スポーツ)

関西医科大学卒
東京慈恵会医科大学葛飾医療センターリハビリテーション科助手
元総合東京病院リハビリテーション科医長、元東京慈恵会医科大学附属病院(本院)リハビリテーション科助手、元関西医科大学附属病院リハビリテーション科助手
日本リハビリテーション医学会認定指導医・リハビリテーション科専門医・臨床医、日本整形外科学会認定整形外科専門医、義肢装具適合判定医、日本障がい者スポーツ協会認定障がい者スポーツ医、身体障害者福祉法第15条指定医

関西医科大学卒業後7年間は整形外科全般の診療を行い、術後リハビリテーションの重要性を実感した。その後は急性期、回復期を中心としたリハビリテーションに携わり、特に義肢装具、障害者スポーツの普及に貢献することを目標に日々の診療に取り組んでいる。

尾﨑 尚人(おざき・なおと)

Naoto Ozaki

非常勤

リハビリテーション科

千葉大学卒
前東京慈恵会医科大学附属病院リハビリテーション科

千葉県の地域医療に携わる中で、リハビリテーション医療によって退院後の生活がよりよくなることを実感してきた。質の高いリハビリテーション医療・医学を実践することで、多くの患者様のお役に立ちたいと考えている。

楊 徳剛(やん・でがん)

Yang Degang

国際医療福祉大学 医学部助教

リハビリテーション科(脊髄損傷のリハビリテーション、脳卒中のリハビリテーション)

山東省浜州医学院卒、医学修士(中国・重慶医科大学)、医学博士(中国・首都医科大学)
中国リハビリテーション研究センター北京博愛病院脊髄神経機能再建部副主任医

長年にわたって、中国でリハビリテーション医療・医学に従事してきた。特に、脊髄損傷、脳卒中のリハビリテーションについて多くの経験があり、リハビリテーション医療・医学についての教育活動にも携わってきた。当院では、多くの患者様に質の高いリハビリテーション医療をご提供したいと考えている。

顧 蕊(ぐぅ・るい)

Gu Rui

国際医療福祉大学 医学部助教

リハビリテーション科(整形外科疾患(骨関節疾患)のリハビリテーション、切断のリハビリテーション)

北京大学卒、医学修士(中国・青島大学医学部)、医学博士(中国・首都医科大学)
中国リハビリテーション研究センター北京博愛病院整形外科・骨関節リハビリテーション科主治医

長年にわたって、中国で整形外科とリハビリテーション科に勤務してきた。特に、整形外科疾患のリハビリテーションについては多くの経験がある。このような経験を生かして、日本でも多くの患者様のお役に立ちたいと考えている。