医師案内

ホーム > 医師案内 > 腫瘍内科(化学療法)

  • 診療内容
  • 医師案内

腫瘍内科(化学療法)

高橋 豊

(たかはし・ゆたか)
Yutaka Takahashi

化学療法部長
国際医療福祉大学 病院教授
腫瘍内科(化学療法)

金沢大学卒
前千葉大学大学院医学研究院がん分子免疫治療講座教授、元金沢大学がん研究所腫瘍外科教授
日本外科学会認定指導医・認定医、日本消化器外科学会認定指導医・消化器外科専門医、日本消化器内視鏡学会認定指導医・消化器内視鏡専門医、日本消化器病学会認定消化器病専門医、日本がん治療認定医機構指導医・認定医

金沢大学で、長年がんの生物学・外科学、そして化学療法(抗がん剤治療)に携わってきた。がんという病気、がん治療全体を総合的に把握し、お一人おひとりの患者様にあった治療を選択している。特に化学療法においては、がんとの長期共存をめざす「がん休眠療法」を確立した。それぞれの患者様に適量の抗がん剤を投与し、苦しくない治療を行っている。高齢、合併症、重い副作用などの理由で標準療法から外れてしまった患者様や抗がん剤治療に抵抗を感じる患者様にも適しているため、遠方から多くの方が受診されている。


神森 眞

(かんもり・まこと)
Makoto Kammori

乳腺・甲状腺外科部長
国際医療福祉大学 病院教授
乳腺・甲状腺外科<甲状腺(甲状腺分化がんの手術、甲状腺未分化がんの集学的治療、バセドウ病の治療)、乳腺(乳がんの手術、化学療法)、副甲状腺の手術、MENの集学的治療、甲状腺がんと乳がんの分子標的薬療法>

日本大学卒、医学博士
日本医科大学外科学連携准教授、東京女子医科大学内分泌外科非常勤講師
前甲状腺病研究所金地病院副院長、元東京女子医科大学内分泌外科講師、元東京大学乳腺内分泌外科助手、元British Colombia Cancer Agencyポストドクトラルフェロー
日本外科学会認定指導医・外科専門医、日本乳癌学会乳腺専門医、日本内分泌外科学会専門医、日本消化器内視鏡学会認定指導医・消化器内視鏡専門医、日本消化器外科学会認定医、日本乳がん検診精度管理中央機構検診マンモグラフィ読影認定医、日本がん治療認定医機構暫定教育医、Tokyo TCAT(Thyroid Cancer Advanced Therapy)理事長

東京大学乳腺内分泌外科では、乳がんの集学的治療、東京女子医科大学内分泌外科及び金地病院では甲状腺がん、原発性副甲状腺亢進症MENの診療を行ってきた。これまでに、甲状腺手術は1,200件、乳がん手術は500件の経験がある。がんだけではなく、バセドウ病等の内科疾患も対応しているため、お気軽に受診していただきたいと考えている。女性に多い病気である乳腺と甲状腺の両方を診療できる診療科をめざしている。


本告 成淳

(もとおり・しげあつ)
Shigeatsu Motoori

消化器内科部長
国際医療福祉大学 医学部准教授
消化器内科(消化器がんの化学療法)

金沢大学卒、千葉大学大学院修了、医学博士
前JA静岡厚生連清水厚生病院内科診療部長、元千葉大学医学部附属病院第一内科、 元沼津市立病院内科医長
日本内科学会認定総合内科専門医・認定内科医、日本肝臓学会認定肝臓専門医、日本消化器病学会認定消化器病専門医、日本消化器内視鏡学会認定消化器内視鏡専門医

千葉大学で消化器病診療、放射線医学総合研究所で消化器がんに対する放射線治療に携わってきた。当院では総合内科的知識を生かし、進行消化器がんに対し、標準的化学療法を行っている。一方で、全身的かつ全人的な診療をめざした緩和医療も行っている。


山口 学

(やまぐち・がく)
Gaku Yamaguchi

呼吸器外科医長
国際医療福祉大学 医学部講師
呼吸器外科

東京医科大学卒、医学博士
前東京医科大学病院呼吸器甲状腺外科分野助教
日本呼吸器外科学会認定登録医、日本呼吸器内視鏡学会認定気管支鏡専門医、日本気管食道科学会認定気管食道科専門医、日本呼吸器学会呼吸器専門医、日本外科学会認定外科専門医、日本がん治療認定医機構がん治療認定医

呼吸器外科専攻であるが、呼吸器内視鏡も積極的に行っており、呼吸器悪性疾患・良性疾患ともに、診断から治療まで携わっている。医療の進歩により治療の選択肢が複雑化するなか、できるかぎり多数の治療の選択肢の提示とわかりやすい説明を心がけている。


古瀬 純司

(ふるせ・じゅんじ)
Junji Furuse

非常勤
腫瘍内科(肝・胆・膵がん、胃・大腸・食道がん)
消化器内科

千葉大学卒、医学博士
杏林大学医学部内科学腫瘍内科教授
前国立がん研究センター東病院病棟部医長、元千葉大学医学部附属病院第一内科
日本内科学会認定指導医・内科医、日本消化器病学会認定指導医・消化器病専門医、日本肝臓学会認定肝臓専門医、日本臨床腫瘍学会暫定指導医、日本膵臓学会認定指導医、Best Doctors in Japan(2010~)

杏林大学医学部腫瘍内科学教授として活躍している。がん、特に消化器がんの診断と治療が専門である。科学的根拠に基づいたがん治療を大切にし、患者様には安心感を与える「こころ」をもって診療にあたることをモットーとしている。お互いの相互理解のもとに生まれる信頼感がいい医療をつくるとして、お一人おひとりの病状を考慮し、最も適した治療を行うことを心がけている。

PAGE TOP