お知らせ

2018.10.31

世界糖尿病デーに合わせ、今年もライトアップを実施

11月14日は「世界糖尿病デー」です。世界糖尿病デーは、糖尿病と深い関わりを持つインスリンを発見したカナダの医師の誕生日にちなみ、2006年に国連により公式に認定されました。
11月14日を中心に、糖尿病を啓発する日として世界各地でキャンペーンを実施しています。このキャンペーンのシンボルマークは、青い丸をモチーフにした「ブルーサークル」。
国連や、どこまでも続く青い空を表す「ブルー」と、団結を表す「輪」により、「糖尿病との戦いのために団結しよう」ということを訴えるデザインです。

当院もこの啓発キャンペーンに参加し、日本糖尿病協会、千葉県糖尿病対策推進会議のブルーライトアップ事業補助金を活用し、11月13日(火)、14日(水)、15日(木)の3日間、当院新東棟2階をライトアップします。
世界糖尿病デーをきっかけに糖尿病のことを学んでみませんか。

今年は世界糖尿病デーをはさんだ3日間
ライトアップを行います

お知らせ一覧