お知らせ

2020.01.18

第71回けんこう教室(2/15)のご案内

第71回けんこう教室 2/15(土)開催中止のお知らせ


心不全パンデミック時代の心不全の予防と治療

坂道や階段を上る時に動悸や息切れがする。疲れやすくなった。手足の指先が冷たい。足にむくみがある。それは心不全の症状かも知れません。死亡原因としてよく耳にする心不全は、心臓のさまざまな病気(心筋梗塞、弁膜症、心筋症など)や高血圧などにより負担がかかった状態が最終的に至る"症候群"です。近年、高齢化社会の到来に伴って慢性心不全の入院患者数が急増しています。この状況を感染症の大流行などを意味して使われる“パンデミック”を用いて、心不全パンデミックとも呼ばれ、憂慮されています。今回は、この心不全パンデミックの時代に心不全をどう予防し、また、心不全になったらどう治療するかについて講演いたします。

日程: 2020年2月15日(土)10:30~11:30
受付: 9:30~(※午前 1 回のみの開催です)
参加費: 無料
定員: 150 名(要予約)
会場: 当院 研究棟 2F大会議室

講師: 目黒 知己
循環器内科部長 国際医療福祉大学医学部教授

電話によるお申し込みも受け付けています。

TEL:047-375-1111(代)

セミナー・けんこう教室のお知らせ(一覧へ)

お知らせ一覧