糖尿病・内分泌代謝センター

合併症と併存症

糖尿病の合併症

糖尿病は血管の病気であるということわざがあるように、糖尿病はさまざまな血管合併症を起こします。なかでも、糖尿病の三大合併症と言われる糖尿病神経障害、糖尿病性網膜症、糖尿病腎症は、糖尿病特有の合併症であり、発症や進展の予防にHbA1c<7%の厳格な血糖コントロールが重要です。また、“しめじ(神経―眼―腎臓)”の順に発症すると言われています。

糖尿病神経障害

糖尿病神経障害は、足のしびれやこむら返りの症状を起こす末梢神経障害と、立ちくらみや排尿障害などを起こす自律神経障害に分けられます。末梢神経障害は、ひどくなると足壊疽(えそ)から下肢の切断につながるケースもあるので、注意深く日々足を観察することが大切です。まもなく、当センターでもフットケア外来を始めますので、自分の足がなんか変だなと気づいた方は、こちらを受診してください。

高血糖が続くと、神経の働きが障害され、主に下の表のような障害が発生します。

末梢神経障害
足のしびれ、冷え、つり
自律神経障害
立ちくらみ、排尿障害、便秘、下痢、勃起障害
足部
足の感覚低下、足潰瘍、足壊疽(えそ)
足壊疽(えそ)を防ぐには
・自分の足(指の間や足底)を観察しましょう。見えないところは鏡を使用したり、家族にも手伝ってもらいましょう。
・遠慮なく医師や看護師に見せてください。

糖尿病性網膜症

糖尿病性網膜症は、わが国の失明の原因第2位の病気です。失明は突然やってきますので、今はまだ見えているから大丈夫と油断せず、網膜症がなくても最低年に1回は眼科を受診してください。血液検査では網膜症の状態は分かりません。
高血糖が続くと網膜の毛細血管に障害が起きます。進行すれば、失明の原因になります。末期になるまで自覚症状はほとんどありませんから、定期的な眼底検査がとても重要です。

網膜症を防ぐには
・眼科で定期的な眼底検査を受けましょう。
・良好な血糖コントロールを保ちましょう。

糖尿病腎症

糖尿病腎症は、わが国の透析導入原因第1位の病気です。血糖コントロールとともに、血圧もしっかりコントロールすることが重要です。初期の腎症の指標としてアルブミン尿の測定が有用ですので、定期的に測定してもらってください。インスリンの針は進化して、以前よりも細くなり痛みも少なくなりました。しかし、透析の針は未だに太いものを使わなくてはなりません。太い針を週に3回打たなくても済むように、血糖コントロールをしましょう。万が一、透析になってしまった患者さんも、それ以上他の合併症や併存症が進行しないように、当院の透析センターに通いながら、当科で血糖コントロールをしてください。血糖コントロールにもう遅いという言葉はありません。

動画で見る(オンラインけんこう講座第1回エピソード2 合併症について)

糖尿病の併存症

かつては、全て糖尿病の合併症とされていた疾患群が、最近は合併症と併存症という違うカテゴリーに分類されるようになりつつあります。糖尿病の合併症とは、糖尿病がないと発症しない病気であり、上述の三大合併症がそれにあたります。それ以外の糖尿病と併存しやすい病気は、以前は大血管症と言われた動脈硬化症による病気も含めて、併存症と呼ぶ方向になっています。なぜなら、これらは糖尿病がない人でも発症するので、真の糖尿病合併症ではないという考えからです。

動脈硬化

糖尿病は重要な動脈硬化の危険因子です。糖尿病があることで、一度心筋梗塞を起こしたことがある人と同じくらい心筋梗塞を起こしやすく、糖尿病がない人の約2倍のリスクがあると言われています。また、脳梗塞や閉塞性動脈硬化症といった動脈硬化性の病気の重大なリスクに糖尿病が含まれます。従って、血糖値のみならず、血管も診ながら血糖コントロールをすることが重要です。当院では野見山センター長も師事した順天堂大学医学部名誉教授の河盛隆造先生が発案された頸動脈エコーを用いて、定期的な血管の評価を行っています。また、血管年齢の測定や下肢の血流を評価するために、脈波伝播速度(PWV)や上腕足関節血圧比(ABI)の測定も、最低年に1回行うことをお勧めしています。

悪性新生物(がん)

糖尿病と動脈硬化の関連は良く知られていますが、実はわが国の糖尿病患者さんの死因第1位は悪性新生物(がん)です。そこで、当センターでは、糖尿病患者さんで検診を受けられていない方には、がんのスクリーニング検査をお勧めしています。糖尿病では膵癌と肝癌が2倍、大腸癌は1.4倍多いことが分かっていますので、腹部のCTや超音波検査などを中心に行っています。血糖やHbA1cだけを見ていると、意外な落とし穴がありますので気をつけましょう。

アンケート調査による日本人糖尿病の死因(第1回~第4回)より作図

サルコペニアとフレイル

最近、高齢糖尿病患者さんが増加したことで、「サルコペニア※1」、「フレイル※2」といった筋量や筋力低下、骨質や骨密度の低下に伴う骨折が問題になっています。健康長寿を維持するためには“貯筋”が必要です。当センターでは二重エネルギーX線吸収測定法(DEXA)を駆使して骨密度のみならず、体脂肪率や骨格筋指数を測定しています。運動しているようで、意外に筋肉量は落ちています。また、当センターはリハビリテーション部と連携し、糖尿病患者さんに自宅でもできる運動療法(レジスタンス運動)を指導しています。100歳まで歩ける身体づくりのため、是非ご活用ください。

糖尿病患者さんのためのカンタン運動療法

※1:サルコペニア:加齢や疾患などにより筋肉量が低下して、筋力や身体機能の低下が起こること
※2:フレイル:加齢に伴い健常から要介護へ移行する中間の段階で、適切な支援により健常に戻り得る状態のこと

歯周病

歯周病も糖尿病と併存しやすいことが最近分かってきました。歯周病の治療をするだけで、HbA1cが0.4%低下するという報告もあります。適宜歯科も受診してください。

高血糖が続くと歯周組織の欠陥がもろくなります。これを放置すると歯周病が進行しやすく、歯を支えている骨(歯槽骨)がなくなり、歯を失う原因となります。

【歯周病の症状】
■歯ぐきから血が出る
■歯ぐきが腫れる
■歯がぐらぐらする
※歯周病の改善によって、糖尿病の改善にもつながるとの報告があります。

歯周病を防ぐには
・歯科医院で定期的な検査を受けましょう。
・プラークや歯石除去は歯周病の予防に役立ちます。
・家庭での歯磨き励行と生活習慣の改善が大切です。

併存症の把握

これら併存症を把握するには、野見山センター長が編集委員長を務めた糖尿病連携手帳も有用です。毎回診察の度にお持ちいただき、検査項目を1個ずつ確認して、埋めてみてはいかがでしょうか。

日本糖尿病協会 糖尿病連携手帳について