糖尿病・内分泌代謝センター

糖尿病・内分泌代謝センター

ご挨拶

糖尿病は血糖値が高いだけの病気ではありません。当センターは多岐に渡る合併症の精査や生活面のサポートなど、トータルで糖尿病患者さんの幸せに貢献できるライフプランナーでありたいと思っています。また、ホルモンの病気は疑って診ないと見落とされるものです。甲状腺、副腎、下垂体といったホルモンの病気や男性更年期など小さなお悩みに隠れている内分泌疾患を見つけ出し、治療につなげます。

野見山崇センター長のプロフィール

糖尿病・内分泌代謝センター長
糖尿病・代謝・内分泌内科部長
国際医療福祉大学 医学部 教授

順天堂大学卒、医学博士、前福岡大学医学部内分泌・糖尿病内科准教授、日本内科学会認定総合内科専門医、日本糖尿病学会認定指導医、糖尿病専門医、日本内分泌学会認定指導医・内分泌代謝科専門医

概要

当センターでは糖尿病の多岐にわたる合併症の精査や生活面のサポートなど、患者様の幸せにトータルで貢献したいと考えています。
また、甲状腺、副腎、下垂体といったホルモンの病気や男性の更年期など、小さなお悩みに隠れている内分泌疾患を見つけ治療につなげたいと思います。

対象疾患

糖尿病、脂質異常、メタボリック症候群、動脈硬化症、痛風、内分泌疾患(甲状腺、副腎、下垂体)など

糖尿病週末短期入院

2泊3日(金土日 1泊2日等にも応相談)糖尿病に関する検査や、運動、栄養指導などを忙しい方にコンパクトにご提供いたします。

オンライン健康講座「こんな時こそ知っておきたい糖尿病」

エピソード3 糖尿病の治療について

糖尿病治療の目標は「健康な人と変わらない人生」です。 治療法をよく知り、より良い日常生活を過ごしましょう。


エピソード2 合併症について

糖尿病は血糖値をコントロールし合併症に注意することが必要です。 合併症をよく知り対策を立てましょう。新型コロナ感染症との関係もお話します。


エピソード1 糖尿病とは

糖尿病はいまや国民病。日本人はなぜ、糖尿病になりやすいのでしょうか。
とかく、誤解されがちな糖尿病の発症要因や糖尿病が強く疑われる層の存在についてお話しします。


日本糖尿病協会「友の会」

矢切の渡し会 会員募集のお知らせ

リレーコラム(日本糖尿病協会「友の会」)

日本糖尿病協会

日本糖尿病協会