病院について

運営理念・ご挨拶

運営理念

国際医療福祉大学市川病院では5つの理念を掲げ、スタッフ一同真心をこめて、患者様本位の医療と温かみのあるサービスをご提供いたします。

1.良質な医療をご提供いたします
質の保証は医療において欠くべからざる要素です。
当院では常に最高水準の医療をご提供するよう努力いたします。
2.患者様の権利を尊重いたします
当院は患者様の尊厳とプライバシーを尊重いたします。
また、患者様の個人情報を厳守いたします。
3.患者様に十分なご説明をいたします
患者様の健康状態についてできるだけわかりやすく十分な説明を行い、納得のいく治療を受けていただけるよう努力いたします。
4.患者様の選択の自由を尊重いたします
患者様の自己決定権を尊重いたします。十分な情報、知識をご提供し、患者様が保健サービスに関する選択を自由に行えるよう努力いたします。
5.患者様の生活をお守りいたします
安心して治療に専念していただけるようアメニティに配慮し、静かで快適な環境をご用意いたします。

理事長ご挨拶

学校法人 国際医療福祉大学 理事長 高木 邦格
学校法人 国際医療福祉大学 理事長 高木 邦格

2017年4月、国際医療福祉大学が成田キャンパスに医学部を新設したことを契機に、これまで「化研病院」として親しまれてまいりました公益財団法人 化学療法研究所附属病院は、同年9月に国際医療福祉大学の5つ目となる附属病院「国際医療福祉大学市川病院」として生まれ変わりました。

2005年当院は、長く地域医療に貢献してまいりました60有余年の病院の伝統を継承し、新たに大学の関連施設として、学生の教育と研究に協力・連携することを目的とした、国際医療福祉大学の「臨床医学研究センター」として役割を担うこととなりました。

2013年には、医療機関としては数少ない公益財団法人の認定を受け、その後も引き続き地域医療に貢献し、医療福祉専門職の養成に努めてまいりました。

今後は大学の附属病院として、専門性の高い診療はもとより、医師や医療福祉専門職の教育および先進医療に対する研究機能を加え、グループ内の関連施設とも連携しながら、高度で質の高い医療と快適な療養環境の整備に努めてまいります。

今後も、各方面のご協力を賜りながら、これまでの伝統と本学の特色を融合させた病院として、より一層地域の皆様に信頼され安心してご利用いただける医療機関をめざし、尽力してまいる所存です。引き続き、ご支援を賜りますようお願い申し上げます。

学長ご挨拶

国際医療福祉大学 学長 大友 邦
国際医療福祉大学 学長 大友 邦

国際医療福祉大学は、医療福祉専門職の地位向上と人材育成をめざし、1995年に栃木県大田原市に開学した日本初の医療福祉の総合大学です。障害を持つ人と健常な人が互いに認め合う「『共に生きる社会』の実現」を建学の精神とし、現在では栃木県のほか、千葉県成田市、東京都港区、神奈川県小田原市、福岡県福岡市と大川市の6キャンパスに10学部24学科を持ち、大学院生を含めると約8,300人の学生が学ぶ大学となりました。

2016年4月、成田市に成田キャンパスを開設し、看護師・理学療法士・作業療法士・言語聴覚士・臨床検査技師を養成しております。翌年には医学部を開設し、20人の留学生を含む140人の第1期生が入学いたしました。大多数の授業を英語で行い、診療チームの一員となる診療参加型臨床実習を世界水準以上の90週実施し、5,000㎡を超えるシミュレーションセンターを設置するなど、これまでにない医学教育により、国内外で活躍できる医師を育成しております。

国際医療福祉大学市川病院が今後、千葉県における本学の5番目の附属病院として将来、国内外で活躍しようという情熱と意欲を持った医学部をはじめとする学生たちの実習施設として機能を強化することが、併せて地域の皆様へ質の高い医療をご提供することにつながるものと存じます。どうか学生たちに対する温かなお気持ちを賜りますと幸いです。

今後とも、皆様のご理解とご協力を心よりお願い申し上げます。

東京大学医学部卒。医学博士。放射線診断専門医としてCT、MRIによる画像診断とカテーテルを用いた血管内治療に従事。ワシントン大学、ピッツバーグ大学留学後、東京大学大学院医学系研究科放射線医学講座教授。日本医学放射線学会理事長、第70回・74回日本医学放射線学会総会会長等を歴任後、2016年4月より学長。日本ラジオロジー協会代表理事。東京大学名誉教授。

病院長ご挨拶

国際医療福祉大学市川病院 病院長 大谷 俊郎
国際医療福祉大学市川病院 病院長 大谷 俊郎

国際医療福祉大学は、2017年4月に成田キャンパスに医学部を開設しました。それに続き、同年9月に、当院は公益財団法人 化学療法研究所附属病院から国際医療福祉大学市川病院に生まれ変わりました。それに伴い、診療科目の増設や人員拡充を進め、2021年9月で4年目を迎えます。

外来診療においては、拡充された診療科に加えて、化学療法室、外来透析センターを備えています。また、訪問リハビリテーション、通所リハビリテーション等にも積極的に取り組み、地域の特定健診やがん検診、人間ドック、脳ドック等も実施しております。260床の入院病床の内訳としては、急性期病棟128床、回復期リハビリテーション病棟43床、医療型療養病棟44床を有し、さらには、千葉県下で最大ベッド数である結核病棟45床を備えています。

地域医療という視点からは、近隣の医療施設・開業医の先生方をお招きして症例検討会の開催やオンラインで地域連携会議を開催するなど、地域医療連携の充実を図っています。地域住民の皆様に向けては、けんこう教室やオンラインでのけんこう講座を毎月開催し、医療情報の発信を行っております。新型コロナウイルス感染症に対しては、患者様の感染防止に最大限の配慮をし、外来入り口では体温測定を行い、発熱の訴えのある方には当院の建物とは隔絶されたテント内に発熱外来を設置して検査を行うなど、感染防止対策に努めております。

2020年3月、同じ千葉県内に国際医療福祉大学成田病院が開院しました。高度で先進的な診療科・センターを持ち、最新鋭の機器を備えたアジアを代表する国際的な拠点病院をめざしています。当院は診療機関としての役割はもちろん、大学附属病院として医師・看護師・医療福祉専門職の教育・先進医療の研究分野においても、医学部をはじめ、成田病院やグループ関連施設と連携し、日本国内にとどまらず、世界に向けて医療情報を発信していきたいと考えています。

"一人一人の患者様を大切にして、その方にとっての生活の質を向上させる"という病院としての基本的な使命を忘れずに、かかりつけ医のような大学病院を目指して職員一同尽力していく所存です。 何卒一層のご指導とご鞭撻のほど、よろしくお願い申し上げます。  

慶應義塾大学卒。医学博士。慶應義塾大学看護医療学部、大学院健康マネジメント研究科の教授を兼務。医学部整形外科、医学部スポーツ医学総合センターの教授を兼担。日本整形外科学会認定専門医・日本整形外科学会認定スポーツ医、日本整形外科学会認定脊椎脊髄病医、日本スポーツ協会公認スポーツドクター、Best Doctors in Japan(2018~2020)