診療科のご案内

ホーム > 診療科のご案内 > 整形外科

  • 診療科のご紹介
  • 医師案内

整形外科

概要

手術の様子

一般的な外傷のほか、骨粗しょう症や変形性関節症などを対象に診療しています。圧迫骨折などの運動器障害に関連する領域については、進行予防から診断・薬物療法や各種手術、さらにリハビリテーションまで、さまざまな治療過程においてお一人おひとりにあったトータルケアで機能改善を図ります。骨粗しょう症などの骨強度にかかわる分野については、先進医療として研究も行っています。

末梢神経領域については、手根管症候群、肘部管症候群などの神経障害の治療を積極的に行っています。進行度によっては手術が適用となる場合がありますが、生活の質(QOL)を落とさない安全な手術を行い、経過は良好です。脊椎脊髄領域の診療は、背骨とその中にある神経(脊椎脊髄神経)の疾患に対応しています。また、脊椎変形による側弯症、後湾症などの疾患や脊髄・神経根の障害による手の痺れ・痛み・運動麻痺、歩行障害、下肢痛などを改善する治療をめざし、健康増進と生活水準の維持をサポートしています。

保存療法から手術療法まで、患者様の症状・病態にあった治療で身体的負担を少なくし、できるかぎり早く日常生活に戻れるよう、最善の治療に努めることをモットーとしています。

対象疾患

末梢神経外科/手の外科
足の外科
人工関節手術(膝関節・股関節)
脊椎脊髄外科(腰部脊柱管狭窄症・腰椎すべり症・腰椎分離症・腰部椎間板ヘルニア・頸椎症・頸椎症性脊髄症・頸部椎間板ヘルニア・後縦靱帯骨化症・黄色靱帯骨化症・脊髄腫瘍・脊髄血管障害)
骨粗しょう症、変形性関節症
一般外傷(骨折・関節外傷)

PAGE TOP