医師案内

脳神経外科

佐伯 直勝(さえき・なおかつ)

Naokatsu Saeki

病院長
国際医療福祉大学 医学部教授

脳神経外科(脳血管障害・頭部外傷・間脳下垂体腫瘍・頭蓋底の外科)

千葉大学名誉教授
千葉大学卒、医学博士
前千葉大学医学部脳神経外科教授、元川鉄千葉病院(現千葉メディカルセンター)脳神経外科、元東京厚生年金病院麻酔科、元国保君津中央病院脳神経外科、元オハイオ州グッドサマリタン病院クリニカルフェロー、元フロリダ大学リサーチフェロー
日本脳神経外科学会認定脳神経外科専門医、日本神経学会認定神経内科専門医、日本リハビリテーション医学会臨床認定医

患者様の目線で、また神経学、脳神経外科学両面の視点で診療を行うことを心がけている。 当院には、最新式の画像診断装置も完備されており、神経系の疾患に対して幅広い視点から診療したいと考えている。

岩﨑 康夫(いわさき・やすお)

Yasuo Iwasaki

予防医学センター長
国際医療福祉大学 病院教授

脳神経外科

東京大学卒
前国際医療福祉大学三田病院予防医学センター長、元東京大学非常勤講師、元埼玉医科大学非常勤講師、元日本赤十字社医療センター副部長、元国立小児病院(現成育医療センター)嘱託医
日本脳神経外科学会認定脳神経外科専門医、東京都身体障害者診断指定医(肢体不自由)

脳神経外科専門医取得後35年以上の臨床経験があり、脳血管障害・脳腫瘍・頭部外傷など脳神経外科全般に対応する。手術のほか血管内治療・定位放射線治療など、個々の患者様に最善の治療選択をアドバイスするよう努めている。専門は小児の脳神経外科で、2001年に日本こども病院神経外科医会の会長を務めた。頭痛・認知症・高次脳機能障害などの経験も豊富であり、診断や治療について、わかりやすくご説明することを心がけている。予防医学センター長として、脳ドック健診などを通じて、脳の健康づくりのアドバイスも行っている。