医師案内

脳神経内科

荻野 美恵子(おぎの・みえこ)

Mieko Ogino

脳神経内科部長
神経難病センター長

国際医療福祉大学 医学部教授

脳神経内科<神経難病(特にパーキンソン病、筋萎縮性側索硬化症、多系統萎縮症、多発性硬化症、重症筋無力症など)、脳神経内科全般、在宅人工呼吸療法を含む神経難病の在宅診療>

北里大学卒、同大学院修了、東京医科歯科大学大学院修了、医学博士
前北里大学医学部附属新世紀医療開発センター包括ケア全人医療学准教授、元米国コロンビア大学研究員、元神奈川県難病治療研究センター長、元厚生労働科学研究費補助金(難治性疾患克服研究事業)難治性疾患の医療費構造に関する研究班主任研究者
日本神経学会認定指導医・神経内科専門医、日本在宅医学会認定専門医、日本内科学会認定内科医、日本プライマリ・ケア連合学会プライマリ・ケア認定医、Best Doctors in Japan2020~

神経疾患について幅広く診療しており、なかでも、神経難病診療には30年以上にわたり携わってきた。比較的まれな疾患のため、治療やケアに広い知識と制度を使いこなす経験が必要となるが、リハビリテーションや在宅チームとの連携により、地域の皆様に頼られる総合的な神経難病センターとして診療をしていきたいと考えている。

後藤 順

後藤 順(ごとう・じゅん)

Jun Goto

国際医療福祉大学 医学部教授

脳神経内科、神経遺伝学

東京大学卒、医学博士
前国際医療福祉大学三田病院脳神経内科部長、元東京大学大学院医学系研究科脳神経医学専攻神経内科学准教授
日本神経学会認定指導医・神経内科専門医、日本内科学会認定内科医、日本人類遺伝学会認定指導医・臨床遺伝専門医

脳神経内科の病気について、頭痛などよくある病気から難病などのまれな病気まで、また急性の病気から慢性疾患まで、幅広く診療経験があり、診療の指導をしてきた。特に、ハンチントン病や脊髄小脳変性症などの遺伝性疾患の遺伝子診断、診療、遺伝カウンセリングなどを専門としている。どのような病気にあっても、患者様それぞれにあった最善の診療を進めていくことを心がけている。

富永 奈保美(とみなが・なおみ)

Naomi Tominaga

国際医療福祉大学 医学部講師

脳神経内科(脳神経内科全般、頭痛、神経難病)

北里大学卒 医学博士
前北里大学医学部総合診療医学、元北里大学医学脳神経内科学
日本内科学会認定内科医、日本内科学会認定専門医、日本神経学会専門医、日本頭痛学会専門医

神経疾患全般ならびに頭痛、神経難病を中心に診療に携わってきました。特に神経難病では患者様やご家族の疾病理解が治療の要になっていくと考えており、比較的稀な疾患に対して、わかりやすい説明と診療を心掛けています。

頼田 章子(よりた・あきこ)

Akiko Yorita

国際医療福祉大学 病院講師

脳神経内科

久留米大学卒
前久留米大学呼吸器・神経・膠原病内科助教、元済生会福岡総合病院脳神経内科、元済生会二日市病院脳神経内科
日本神経学会認定指導医・神経内科専門医、日本内科学会認定総合内科専門医・認定内科医

しびれやふるえ、手足の脱力など心配なことがあれば気軽に相談にこたえるよう心がけている。

佐藤 奈穂子(さとう・なおこ)

Naoko Sato

国際医療福祉大学 病院講師

脳神経内科(神経内科学、遺伝学)

東京女子医科大学卒 東京大学大学院修了
前日本赤十字社医療センター神経内科、元東京大学医学部附属病院脳神経内科、元東京逓信病院神経内科、元国立国際医療研究センター神経内科
日本神経学会認定神経内科指導医・神経内科専門医、日本内科学会認定総合内科専門医、人類遺伝学会認定臨床遺伝専門医

脳神経内科の病気について、脳卒中や脳炎などの急性のものからパーキンソン病や認知症など慢性のものまで幅広く診療してきた。併せて脊髄小脳変性症などの遺伝性疾患の診療、遺伝カウンセリングにも携わってきた。患者様やそのご家族に寄り添った診療を心がけている。

上原 平

上原 平(うえはら・たいら)

Taira Uehara

国際医療福祉大学 成田病院
国際医療福祉大学 医学部准教授

脳神経内科<神経内科、てんかん、脳波>

九州大学卒、医学博士
前九州大学臨床神経生理学助教、元九州大学神経内科学助教、元九州労災病院神経内科、元別府医療センター神経内科
日本神経学会認定神経内科専門医、日本てんかん学会認定てんかん専門医、日本内科学会認定総合内科専門医

神経内科疾患全般を診療するが、なかでもてんかんを専門にしている。高齢者や妊娠中の方も含め、お一人おひとりにあわせたてんかんの治療をご提供している。また、てんかんかどうか紛らわしい場合の専門的診断も行っている。