医師案内

予防医学センター

岩﨑 康夫(いわさき・やすお)

Yasuo Iwasaki

予防医学センター長
国際医療福祉大学 病院教授

脳神経外科

東京大学卒
前国際医療福祉大学三田病院脳神経外科部長・予防医学センター長、元東京大学非常勤講師、元埼玉医科大学非常勤講師、元日本赤十字社医療センター脳神経外科副部長
日本脳神経外科学会認定脳神経外科専門医、東京都身体障碍者診断指定医(肢体不自由)

医学の進歩により、健康の維持や病気の早期発見の目的で、予防医学の重要性が注目されている。健康診断、がん検診、人間ドック、脳ドックなどは、個々の受診者の病気のリスクを考慮して受診すべきであり、特に高血圧症、脂質異常症、糖尿病などの生活習慣病は、個々人の年齢、性別、受診歴、生活歴、家族歴などによって、望ましい検査基準値は異なってくる。当予防医学センターでは、受診者お一人おひとりに対応した、きめ細やかな健康診断や保健指導を行っている。

野田 光彦(のだ・みつひこ)

Mitsuhiko Noda

国際医療福祉大学 病院教授

糖尿病・代謝・内分泌内科(糖尿病診療全般)

東京大学卒、医学博士
埼玉医科大学内分泌・糖尿病内科客員教授
前埼玉医科大学内分泌・糖尿病内科教授、元国立国際医療研究センター部長、元虎の門病院内分泌代謝科部長、元朝日生命糖尿病研究所主任研究員、元東京大学医学部附属病院糖尿病・代謝内科助手、元コーネル大学Visiting Professor、元自治医科大学総合医学第一講座・内分泌代謝学講座助手
日本糖尿病学会認定指導医・糖尿病専門医、日本内分泌学会認定指導医・内分泌代謝科(内科)専門医、日本肥満学会認定指導医・肥満症専門医、日本高血圧学会認定指導医・高血圧専門医、社会医学系専門医協会指導医・専門医、日本内科学会認定総合内科専門医・研修指導医、日本医師会認定産業医、Best Doctors in Japan 2014~

糖尿病、内分泌代謝疾患を中心に、これまでの膨大な診療実績と研究業績に基づいて、当地域に根付いた医療を心がけている。重点的に携わってきた糖尿病の診療では薬剤に頼りすぎることなく、しかし薬、特に飲み薬の特性を隅々まで生かしながら、患者様お一人おひとりに適した医療をこの地に還元していきたいと考えている。

森下 鉄夫(もりした・てつお)

Tetsuo Morishita

国際医療福祉大学 病院教授

内科(消化器、上部消化管内視鏡、内科一般)

慶応義塾大学卒、医学博士
慶応義塾大学客員教授
前山王メディカルセンター院長、前山王メディカルセンター予防医学センター長、元東京歯科大学市川総合病院内科学講座主任教授・副院長・病院機能統括部長、元静岡赤十字病院第一内科・消化器科部長、元東海大学医学部第三内科講師、元カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)研究員
日本内科学会認定内科医、日本消化器病学会認定消化器病専門医、日本消化器内視鏡学会認定消化器内視鏡専門医、日本肝臓学会認定肝臓専門医、日本消化管学会胃腸科終身認定医、日本人間ドック学会認定人間ドック健診専門医・人間ドック健診情報管理指導士、日本ヘリコバクター学会ピロリ菌感染症認定医、日本医師会認定産業医

医学・医療の進歩の成果を患者様やご家族に最も喜ばれる形で還元することをモットーにしている。これまでの国内外における豊富な臨床経験をもとに、胃がん、食道がん、逆流性食道炎、胃十二指腸潰瘍、感染症腸炎などをはじめとする消化器疾患の早期発見とその治療に力を注ぐ。また、ヘリコバクター・ピロリ菌の専門家でもあり、除菌治療を積極的に行っている。

桑原 直行(くわはら・なおゆき)

Naoyuki Kuwahara

非常勤

脳神経外科
総合診療、在宅医療

秋田大学卒、医学博士
前たにあい糖尿病・在宅クリニック副院長、元医療法人三育会新宿ヒロクリニック、元対馬市医療統括官 兼 対馬市立いづはら診療所管理者、元秋田県総合診療・家庭医研修センター副センター長、元秋田厚生医療センター脳神経外科兼救急・総合診療部診療科長、元医療法人秋田医仁会秋田メモリアルクリニック副院長、元秋田大学医学部脳神経外科助教
日本脳神経外科学会認定指導医・脳神経外科専門医、日本プライマリ・ケア連合学会認定指導医・プライマリ・ケア認定医、日本在宅医学会認定指導医・在宅医療専門医

脳神経外科専門医として脳血管障害、脳腫瘍、脊髄脊椎疾患(小児も含む)など脳神経外科全般のさまざまな手術を経験している。さらに、疾患だけではなく、その人の生活そして人生という「ものがたり」に少しでも関わろうと在宅医療、緩和ケア、予防医療を含めた総合診療医としての研鑽を積んでいる。診断から治療の意思決定支援、さらにその後の生活などのご相談にも、わかりやすく説明することを心がけている。

鵜梶 実(うかじ・みのる)

Minoru Ukaji

非常勤

消化器内科

千葉大学卒、同大学院修了、医学博士
前小田原市立病院消化器科上級医長、元千葉大学医学部附属病院第一内科、元千葉県立佐原病院内科
日本消化器病学会認定消化器病専門医、日本消化器内視鏡学会認定消化器内視鏡専門医、日本内科学会認定総合内科専門医

千葉大学にて、消化器疾病を中心とした診療に携わってきた。内視鏡を用いた消化管(食道、胃、大腸)や胆膵系疾患の診断と治療、肝臓がんの局所療法、各種消化器がんに対する抗がん剤治療など、多岐にわたる診療を実践している。患者様の状況にあわせて検査および治療を行っており、丁寧な説明には定評がある。

梅木 麻衣(うめき・まい)

Mai Umeki

非常勤

乳腺外科

千葉大学卒
元千葉大学医学部附属病院第一外科
日本乳がん検診精度管理中央機構検診マンモグラフィ読影認定医、日本外科学会認定登録医、日本医師会認定産業医

これまで、広く消化器・一般外科治療に携わってきた。当院では、乳腺外科を専門に診療している。女性であることを生かし、患者様の不安や困っていることを丁寧にうかがい、患者様にとって最適な医療をご提供できるよう尽力している。