医師案内

消化器内科

森下 鉄夫(もりした・てつお)

Tetsuo Morishita

国際医療福祉大学 病院教授

内科(消化器、上部消化管内視鏡、内科一般)

慶応義塾大学卒、医学博士
慶応義塾大学客員教授
前山王メディカルセンター院長、前山王メディカルセンター予防医学センター長、元東京歯科大学市川総合病院内科学講座主任教授・副院長・病院機能統括部長、元静岡赤十字病院第一内科・消化器科部長、元東海大学医学部第三内科講師、元カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)研究員
日本内科学会認定内科医、日本消化器病学会認定消化器病専門医、日本消化器内視鏡学会認定消化器内視鏡専門医、日本肝臓学会認定肝臓専門医、日本消化管学会胃腸科終身認定医、日本人間ドック学会認定人間ドック健診専門医・人間ドック健診情報管理指導士、日本ヘリコバクター学会ピロリ菌感染症認定医、日本医師会認定産業医

医学・医療の進歩の成果を患者様やご家族に最も喜ばれる形で還元することをモットーにしている。これまでの国内外における豊富な臨床経験をもとに、胃がん、食道がん、逆流性食道炎、胃十二指腸潰瘍、感染症腸炎などをはじめとする消化器疾患の早期発見とその治療に力を注ぐ。また、ヘリコバクター・ピロリ菌の専門家でもあり、除菌治療を積極的に行っている。

高橋 豊(たかはし・ゆたか)

Yutaka Takahashi

非常勤

腫瘍内科(化学療法)

金沢大学卒
前千葉大学大学院医学研究院がん分子免疫治療講座教授、元金沢大学がん研究所腫瘍外科教授
日本外科学会認定指導医・認定医、日本消化器外科学会認定指導医・消化器外科専門医、日本消化器内視鏡学会認定指導医・消化器内視鏡専門医、日本消化器病学会認定消化器病専門医、日本がん治療認定医機構指導医・認定医

金沢大学で、長年がんの生物学・外科学、そして化学療法(抗がん剤治療)に携わってきた。がんという病気、がん治療全体を総合的に把握し、お一人おひとりの患者様にあった治療を選択している。特に化学療法においては、がんとの長期共存をめざす「がん休眠療法」を確立した。それぞれの患者様に適量の抗がん剤を投与し、苦しくない治療を行っている。高齢、合併症、重い副作用などの理由で標準療法から外れてしまった患者様や抗がん剤治療に抵抗を感じる患者様にも適しているため、遠方から多くの方が受診されている。

古瀬 純司(ふるせ・じゅんじ)

Junji Furuse

非常勤

腫瘍内科(肝・胆・膵がん、胃・大腸・食道がん)
消化器内科

千葉大学卒、医学博士
杏林大学医学部腫瘍内科学教授
前国立がん研究センター東病院病棟部医長、元千葉大学医学部附属病院第一内科
日本内科学会認定指導医・内科医、日本消化器病学会認定指導医・消化器病専門医、日本肝臓学会認定肝臓専門医、日本臨床腫瘍学会暫定指導医、日本膵臓学会認定指導医、Best Doctors in Japan(2010~)

杏林大学医学部腫瘍内科学教授として活躍している。がん、特に消化器がんの診断と治療が専門である。科学的根拠に基づいたがん治療を大切にし、患者様には安心感を与える「こころ」をもって診療にあたることをモットーとしている。お互いの相互理解のもとに生まれる信頼感がいい医療をつくるとして、お一人おひとりの病状を考慮し、最も適した治療を行うことを心がけている。

吉埜 稜平(よしの・りょうへい)

Ryohei Yoshino

非常勤

消化器内科(消化器全般)

群馬大学卒
前千葉メディカルセンター消化器内科

わかりやすい病状説明を心がけており、お一人おひとりの患者様にあった医療をご提案するようにしている。消化器症状について、お気軽に相談してほしいと考えている。

渡部 太郎(わたべ・たろう)

Taro Watabe

非常勤

消化器内科

信州大学卒
千葉大学医学部附属病院専攻医

患者様から信頼していただける医療者をめざしている。丁寧な診察とわかりやすい説明を心がけている。