医師案内

リハビリテーション科

角田 亘(かくだ・わたる)

Wataru Kakuda

副院長
国際医療福祉大学 成田病院
国際医療福祉大学 医学部
リハビリテーション医学主任教授

リハビリテーション科

東京慈恵会医科大学卒、医学博士。
前国際医療福祉大学市川病院病院長、元国際医療福祉大学三田病院リハビリテーション科副部長、元東京慈恵会医科大学リハビリテーション医学講座准教授。
日本リハビリテーション医学会認定指導医・リハビリテーション科専門医、日本神経学会認定指導医・神経内科専門医、日本脳卒中学会認定脳卒中専門医、日本内科学会認定内科医、日本抗加齢医学会認定抗加齢医学専門医。

リハビリテーション科専門医および脳神経内科専門医として、さまざまな疾患・病態に対するリハビリテーション医療を行ってきた。特に、脳卒中に対するリハビリテーションが専門である。最近では、経頭蓋磁気刺激(TMS)治療、ボツリヌス毒素治療に精力的に取り組んでいる

久保 仁(くぼ・じん)

Jin Kubo

リハビリテーション科部長
国際医療福祉大学 病院准教授

リハビリテーション科(脳神経リハビリテーション、リハビリテーション医学全般)

獨協医科大学卒 医学博士
前南東北第二病院神経内科・リハビリテーション科、元財団法人脳神経疾患研究所総合南東北病院神経内科(科長)、元獨協医科大学病院神経内科(外来副医長)
日本神経学会認定指導医・神経内科専門医、日本内科学会認定内科医、日本リハビリテーション医学会認定臨床医、難病指定医、身体障害者福祉法指定医臨床研修指導医講習会修了、脳梗塞rt-PA適正使用講習会修了、回復期リハ病棟専従医師講習会修了

大学卒業後、神経内科医療に携わってきた。特に、脳卒中、神経難病を得意としている。前任地では急性期・回復期リハビリテーションにかかわることで、リハビリテーションの重要性・面白さを再認識した。患者様に寄り添いながら、最新のリハビリテーションをご提供していけるよう考えている。

赤居 正美

赤居 正美(あかい・まさみ)

Masami Akai

非常勤
国際医療福祉大学大学院 教授

リハビリテーション科

東京大学卒、医学博士
元国立障害者リハビリテーションセンター病院長、元東京大学医学部附属病院リハビリテーション部副部長、元筑波技術短期大学理学療法学科教授
日本整形外科学会認定整形外科専門医、日本リハビリテーション医学会認定リハビリテーション科専門医・指導医

各科からのリハビリテーション依頼症例につき、治療方針・獲得目標の設定を行い、リハビリテーション処方をチェック、併せてリスク管理も行っている。

稲田 晴生(いなだ・はるお)

Haruo Inada

非常勤

リハビリテーション科(脳損傷後遺症の嚥下障害治療や痙縮に対するボツリヌス治療)

千葉大学卒、医学博士
元千葉県千葉リハビリテーションセンターリハビリテーション科部長、元農協共済中伊豆リハビリテーションセンターセンター長、元千葉県千葉リハビリテーションセンター脳神経外科部長、元東京都リハビリテーション病院リハビリテーション科医長、元東京慈恵会医科大学附属病院リハビリテーション科医長
日本リハビリテーション医学会認定指導医・リハビリテーション科専門医・臨床医、日本脳神経外科学会認定脳神経外科専門医、日本摂食嚥下リハビリテーション学会認定士、身体障害者福祉法第15条指定医、義肢装具等適合判定医、厚生労働省認定麻酔科標榜医、ボツリヌス療法施注資格

千葉大学卒業後、脳神経外科診療に携わる。地域医療を実践する中で、リハビリテーション医療の重要性を痛感し、リハビリテーション医学全般の研鑚に努めてきた。これまで培った経験と知識を生かし、当院でのリハビリテーション医療に貢献できるよう努めている。

尾﨑 尚人(おざき・なおと)

Naoto Ozaki

非常勤

リハビリテーション科

千葉大学卒
前東京慈恵会医科大学附属病院リハビリテーション科
日本医師会認定産業医、ボツリヌス療法施注資格、音声言語等判定医師研修会修了、嚥下障害実習研修会修了、回復期リハ専従医師講習会修了

脳血管障害・神経難病・サルコペニア(筋力減少)による摂食嚥下障害、痙縮治療、失語症、復職支援を中心に携わってきた。外来診療を中心に、質の高いリハビリテーション医療・医学を実践することで、多くの患者様のお役に立ちたいと考えている。

小田 隆之(おだ・たかゆき)

Takayuki Oda

非常勤

リハビリテーション科

広島大学卒
前浜松医科大学医学部附属病院

これまでの経験から、患者様の入院前の生き方、そして目の前にいる患者様の今現在の思いを知ることを大切にしている。身体の状態はもちろん、どのように入院生活を送るのか、退院後どのように生活されるのか等、患者様の思いを聞きながら一緒に考えている。