糖尿病・内分泌代謝センター

糖尿病・内分泌代謝センター

はじめまして、国際医療福祉大学大学院生の蜂谷と申します。
診療看護師を目指し、糖尿病・内分泌代謝センターで実習をさせて頂いております。
恐縮ではありますが私にもこのような機会を頂けましたので、2泊3日の教育入院についてご紹介させていただきたいと思います。

第10回 2泊3日教育入院

2泊3日の教育入院は、働き盛りの忙しい方々にも短期間で検査や運動、食事・栄養指導を受けることができます。食事療法や運動療法を実際に体験することで、今までの生活を見直すきっかけになるかもしれません。糖尿病と上手にお付き合いし、今後も充実した生活を送るための一歩を踏み出してみませんか?


<例>

1日目は主に合併症の検査を行います。骨密度の検査や動脈硬化の検査、糖尿病神経障害の検査等を行います。また理学療法士と一緒に運動療法を実施します。
2日目は食事の前後で採血を実施して、インスリンの分泌量を確認します。
3日目は医師との面談と薬剤師より服薬指導を行います。

当院にかかりつけの患者様に限らず、他の医療機関にかかりつけの方もご相談頂ければ対応させて頂きます。糖尿病の治療で悩まれている方、合併症の検査を行いたい方、もっと糖尿病について知りたい!と意欲的な方、是非一度、国際医療福祉大学市川病院【TEL:047-375-111(代表)】までご連絡ください。